万葉の植物  つばき   を詠んだ歌
                           2011.4.13 更新              

 
  
   つばき (万葉表記  椿 海石榴  都婆技 都婆吉)       ツバキ ( ツバキ科)

日本原産の植物、ツバキ科の常緑高木。
花は2月から4月で漏斗状。。ヤブツバキ、ヒゴツバキ、ユキツバキなど種類が豊富で、我が家に植えたのは日陰に耐えるヤブツバキ。種子からは椿油が取られ、伊豆大島や奄美大島の名産品です。
椿は古くから聖なる樹木として信仰の対象とされていました。記紀の時代には、椿の花を天皇を褒め称える形容として使われたり、あるいはその霊力を身に付けるために、頭に挿したり身に着けたりしたようです。
材を武器として使ったのもその霊力に因るのかもしれません。
ヤブツバキを母種として多くの園芸椿が作出されています。
昭和の年代に、柏の木の少ない関西では端午の節句にサルトリイバラで「柏餅」を作りました。葉っぱの数が足りない時には、急いで椿の葉を集めてきます。
今に思えば聖なる木の葉で作る柏餅ほど、神饌にふさわしいものはありませんね。
『牛をつないだ椿の木』 (新見南吉) この本を読んだ小学生のころの、あの素直な心はどこへ消えてしまったのでしょう。
『万葉集』には9首。

 巨勢山の つらつら椿つらつらに  見つつ偲はな巨勢の春野を    坂門人足 巻1-54
(持統上皇大宝元年(701年)の秋9月紀伊行幸の折り、、飛鳥から高取町を経由し(現)御所市戸毛・古瀬の曽我川を遡り、重坂峠を越えて吉野や和歌山県へ至る古道で、坂門人足が詠んだ歌。命の象徴であるツバキに、天皇の治世を重ね、巨勢の土地を誉めあげ旅の無事を祈ったか。つらつらつばきつらつらに、という表現が独創的ですね。
「偲ふ」には、今目の前に無いものを想像し、心の底から深く思う意味があります。)

 川上の つらつら椿つらつらに  見れども飽かず巨勢の春野は  春日蔵首老 巻1-56

 我妹子を  早見浜風大和なる 我を松椿吹かざるなゆめ     長皇子 巻1-73
  (松=待つ、椿=椿のように美しい人)

 あしひきの  山椿咲く八つ峰越え 鹿待つ君が斎ひ妻かも     作者不詳 7-1262

 三諸は 人の守る山  本辺には馬酔木花咲き 末辺は椿花咲く うらぐはし山ぞ泣く子守る山 
                                    作者不詳 巻13-3222
(4,7と続く古歌。三諸とは三輪山。椿の木が多かったのですね。その三輪山の麓、山の辺の道の起点である海石榴市(つばいち)

 奥山の 八つ峰の椿つばらかに  今日は暮らさね大夫の伴     大伴家持 巻19-4152

 わが背子と  手携はりてあけ来れば 出で立ち向ひ夕されば 振り放け見つつ思ひ延べ
                               .......(長歌) 大伴家持 巻19-4177

 我が門の 片山椿まこと汝れ  我が手触れなな土に落ちもかも   物部広足 巻20-4418
(椿の花の散るさまと、恋のはかなさ)

  あしひきの  八つ峰の椿つらつらに 見とも飽かめや植ゑてける君  大伴家持 巻20-4481